お知らせ

花3.jpg
 

<弁理士知財キャラバン>

弁理士法の改正で使命条項が入り、昨年度から弁理士知財キャラバンが立ち上がり、会としてもコンサルティング業務へもさらに力を入れていく流れになっています。
http://www.jpaa.or.jp/?p=27541
関心がある方は、九州支部室へはもちろんのこと、当事務所へも問い合わせ頂いて構いませんので(担当:所長の羽立幸司弁理士)、ご連絡を頂ければと思います。

 

<facebookページ>
こちらからも公的支援の情報など、情報発信を行っています。
http://www.facebook.com/nexpat 

 

<知的財産戦略に役立つ情報>
INPITには、下記のものがあります。ご参考に。

営業秘密・知財戦略ポータルサイト
http://www.inpit.go.jp/katsuyo/tradesecret/index.html

海外知的財産活用ポータルサイト
http://www.inpit.go.jp/katsuyo/gippd/index.html

 

特許庁にも、知財戦略ポータルサイトがあります。
http://www.jpo.go.jp/sesaku/tokkyosenryaku_01.htm

  
写真.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
〜シーサイドももち〜

 NEXPATのメインオフィスは百道浜にあり、「シーサイドももち」と言われるエリアで、海が見えるロケーションです。景観は上の写真にあるように素晴らしく、第1回アジア都市景観賞を受賞(2010年)した地域です。
 「シーサイドももち」は、1989年に行われたアジア太平洋博覧会の跡地に、「福岡タワー」、「マリゾン」などの建造物が立ち並ぶ地域です。博多湾に面した海浜公園であり、人工ビーチではビーチバレーをする若者が歓声をあげています。ドーム球場、リゾートホテル、ホークスタウンなどの施設もあります。
 また、この地域は、ソフトリサーチパークとも言われているように、大手メーカや公的機関をはじめ、ベンチャー企業の創業を促進する施設も備え、ソフトウエア関連の企業が集積した地域でもあります。


 
〜支所(ブランチ)等〜

 NEXPATには、筑紫野にもブランチ(支所)があり、東京(南青山)にもブランチ(支所)があります。
   また、NEXPATには、鹿児島(霧島)には付属機関の知的財産戦略研究所もあります。

 

<筑紫について>
 筑紫野市の読み方は「チクシノシ」で、学問の神様の菅原道真を祀った太宰府天満宮がある太宰府市の隣の市で、福岡市と久留米市の間に位置し、旧筑紫郡(現在の筑紫野市の他、春日市、大野城市、太宰府市、那珂川町)の中心的な機能を担ってきた約10万人の人口の都市です。
 市内には、古くは奈良時代に遡り万葉集にも歌われたとされ、開湯1350年という歴史的にも古く、黒田藩も使っていたと言われる二日市温泉があり、そこには日本庭園などがある大丸別荘があります。
http://daimarubesso.com/

 なお、「筑紫」という言葉は古くから使われており、古事記、日本書紀にも出てきます。「筑紫(ツクシ)の島」は九州という島全体を指し、「筑紫(ツクシ)」は現在の福岡エリアを中心とした地域を指していたようです。
 筑紫野市内にある長崎街道の宿場町であった「原田」には「筑紫神社」があり、この神社は「筑紫」の語源にも関係している神社とも言われています。


 
 
 
 
 
 
 

 

〜九州・福岡の知財事情〜

日本弁理士会九州支部が2005年に設立されました。
九州支部は近畿支部、東海支部についで3番目の支部として設立され、その後、全国支部化が進みました。

2015年には、支部設立10周年を迎えました。
 

九州支部のHPは下記URLです。
http://www.jpaa-kyusyu.jp/

 
 九州支部会員(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は、主たる事務所139、従たる事務所も含めると合計220です(2015年12月31日現在)。
福岡県内の会員は、主たる事務所91、従たる事務所も含めると合計138です(2015年12月31日現在)。

 

弁理士をお探しの場合には、日本弁理士会の弁理士ナビをご利用ください。
http://www.benrishi-navi.com/index.html 

 
<無料相談会> 
弁理士会九州支部では、
毎週木曜日に支部室(朝日ビル)にて無料相談会を開催しており、
弁理士がご相談に応じます。
事前予約が必要です。
お問合せ先:弁理士会九州支部(092-415-1139) 

 

その他にも、相談対応可能な知財総合支援窓口があります。
当事務所の「初訪問される方」へのページをご覧ください。

 

九州経済産業局 九州知的財産活用推進協議会には、セミナ情報の他、種々の情報が掲載されていますので、是非、ご覧ください。
http://www.kyushu-chizai.com/

 

内閣府沖縄総合事務局 沖縄地域知的財産戦略本部にも、セミナ情報の他、種々の情報が掲載されていますので、是非、ご覧ください。
http://ogb.go.jp/move/okip/

月イチセミナーのご案内

<セミナーのご案内(無料)>
 
さて、当事務所にとって、昨年度から月イチセミナー(無料)を参加型で開催してきました。
ご参加頂いた方々、有難うございます。
いろいろと議論させて頂き、毎回、充実した議論になったと思います。
試行錯誤しながらですが、1年にわたり、続けることができましたこと、深く感謝申し上げます。

 
継続は力なりということで、本年4月以降も継続して、無料セミナーを実施しております。
本年度のメインテーマとしては、昨年度のビジネスモデルアプローチから発展させ、下記のようにしております。
第4次産業革命の流れも意識しながら、議論したいと思っています。
 
 ++++++++++++++++++++++++++
テーマ:「知財をコミュニケーションツールとした組織内外連携強化」
                   〜第4次産業革命の流れの中で〜
講師 : 羽立幸司(知的財産綜合事務所NEXPAT代表弁理士)
講師略歴 http://www.nexpat.jp/ article/13191664.html
 
日時:2016年8月9日(火) <H28年度第4回>
13時半〜15時半(途中休憩あり)受付13時〜
場所:電気ビル共創館 BIZCOLI ミーティングル ームB
   (http://www.bizcoli.jp/) 
   (福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号)

参加費:無料
※現時点の予定は、基本的に同じ内容をベースに1回で完 結するもので考えています。
 
※9月以降の今後の予定(月1回ペースで第2火曜日の同じ時間帯)
定員:10名(先着順。 事前のお申し込みをお願い致します。)
※定員の関係で、当事務所と関係がある方或いはご紹介頂 いた方に限定させて頂きます。
  

実績)
1.H28年度  参加者数実績(講師とNEXPATメンバを除く)
テーマ:
「知財をコミュニケーションツールとした組織内外連携強化」 
第4次産業革命の流れの中で〜
第1回(H28年4月)5名、第2回(H28年5月)5名、第3回(H28年6月)4名
第4回(H28年7月)2名、第5回(H28年8月)
 
2.H27年度  参加者数実績(講師とNEXPATメンバを除く)
テーマ:
「事業における知財の位置付けと活かし方」 
〜ビジネスモデルにおける知財の位置付けから確認しましょう〜
第1回(H27年5月)5名、第2回(H27年6月)2名、第3回(H27年7月)8名、
第4回(H27年8月)4名、第5回(H27年9月)6名、第6回(H27年10月)4名
第7回(H27年11月)6名、第8回(H27年12月)4名、第9回(H28年1月)4名
第10回(H28年2月)2名