NEXPATの海外出願(九州・福岡県福岡市早良区百道浜)

<海外の現地代理人(弁護士・弁理士)について>

 

 法律の及ぶ範囲が各国毎という属地主義により、各国毎に権利化が必要になります。各国特許庁の関係では、現地代理人がその手続きを行うことになります。

 

 また、産業財産権については、パリ条約という条約があり、各国弁理士は互いに各国の現地代理人と連携して業務を進めています。

 

(パリ条約について)

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/fips/paris/pc/mokuji.htm

 

なお、WTOのTRIPS協定やTPPなどを含め、知的財産に関係する各種の条約や協定があります。

 

(TRIPS協定)

http://www.meti.go.jp/policy/trade_policy/wto/negotiation/trips/trips.html

 

 当事務所も、現地との連携について、米国・欧州(ドイツ・フランス・イギリス・デンマーク等)・中国・韓国・台湾・香港・インド・東南アジア・オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・ブラジル等があり、クライアントからのリクエストに対応していく中で、事務所メンバーの人的ネットワークによって年々さらに広がっています。

 

 一方、私達日本国弁理士は、世界知的所有権機関(WIPO)に関する手続き(受理官庁の日本国特許庁への手続きを含む)について、下記の国際特許出願(PCT)、国際商標出願(マドプロ)、国際意匠出願(ハーグ)を、代理人として直接手続きすることができます。

 

 各国毎に法律があり、また文化も異なりますので、詳しくはお問合せを頂けたらと思います。


<各国情報>

http://www.jpo.go.jp/index/kokusai_doukou/index.html

 

・新興国
http://www.globalipdb.jpo.go.jp/

 特許庁パンフレット
https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/panhu/panhu19.pdf

 

・JETRO(知的財産)
https://www.jetro.go.jp/themetop/ip/

 

 

<特許・実用新案>

・国際特許出願(PCT)
http://www.jpo.go.jp/seido/kokusai/kokusai_shutugan1/index.html

 

・特許庁のパンフレット
https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/panhu/panhu17.pdf

 

<商標>

・国際出願(マドプロ)
http://www.jpo.go.jp/index/kokusai_shutugan2/index.html

 

・特許庁のパンフレット
https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/panhu/panhu18.pdf

 

<意匠>

・国際出願(ハーグ)
http://www.jpo.go.jp/seido/kokusai/kokusai_shutugan3/index.html

 

・特許庁のパンフレット
https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/panhu/hague_geneva_ishou.pdf

 

※出願準備のための打ち合わせの費用は、弊所にて特許出願等が行われた場合には、基本的に出願費用に含ませていただいています。また、出願をしなかった場合は、打ち合わせ等の負担に応じた費用となります。
 

 なお、出願のご依頼を検討される場合には、 下記をお読みください。

 当事務所は、信頼関係を重視して、また当事務所のリソースを考慮ながらサービスのクオリティを維持するため、現時点ではご紹介によるサービス提供を原則としています。ご紹介がある場合には、最初のご相談については無料で対応させて頂いており、その際には料金等の説明もさせて頂いております。

 通常のご紹介の形としては当事務所と既に接点がある方からのご紹介を想定させて頂いておりますが、ご依頼を検討されている方のお知り合いの中には当事務所と接点がない或いは不明という場合もあるかと思います。その場合には、ご依頼を検討されている方がお付き合いされている弁護士・公認会計士・税理士・司法書士・社会保険労務士・行政書士・土地家屋調査士・不動産鑑定士・中小企業診断士・技術士等の士業の先生にご相談ください。その先生からのご連絡を頂ければ(その先生による紹介状でも構いません)、面識等の当事務所との接点を問わずに、通常のご紹介として対応させて頂きます。